« 専門職について | トップページ | 満足感 »

介護保険改正と2007年問題

昨日と今日の毎日新聞に今後の私の行く末に付いての
記事がありました。
どちらも暗い話題の部類です。

2007年問題
何かと話題に上る「団塊の世代」この方たちが退職することで
優秀な人材、社会保険の支払い増、等問題には事欠かない。
良いも悪いも日本を動かし支えてきた人たちである。

介護保険制度改正
福祉の点から見ると2つの事を感じます。
1つは、少ない年金からホテルコストを支払うことの大変さ!
2つは、年金を使わず貯蓄になり、最終的にその貯蓄が
家族のものになってしまうこと。
これらのことを思うとき、後見人等をつけてその人らしい生活を
送ってもらい、しっかりそのためにお金を使用してもらう。

また、39歳以下の介護保険料の負担については、理由付けが
難しいとも思うが、儒教の教えのような、敬い尊ぶという考えに
戻り高齢者になっても自分らしく自分も生きるんだと思い負担
をしても良いと個人的に思います。

損得だけで、生活は出来ない、人としても生きていけない気がします。
こんな切り口から、社会全体が再び安全で住みやすくなるんじゃないでしょうか?

« 専門職について | トップページ | 満足感 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43853/1567948

この記事へのトラックバック一覧です: 介護保険改正と2007年問題:

« 専門職について | トップページ | 満足感 »

最近の記事と写真

Groovy写記

  • 02
    日々の思わず、「ニンマリ」(^2^)!微笑んでしまう! 写記をお届け!! 超個人的な写真です。

お薦めサイト

アフィリエイト

お調べします


  • IT用語検索
  • 生活のお悩み解決!
     


  • Google