« エコノミークラス症候群、施設でも・・・ | トップページ | 介護予防システム »

1つの考え方として施設=在宅

この記事から

施設を利用している方より、光熱水費等のホテルコストを頂くか?の議論
ですが、基本的に介護保険は「在宅福祉」を可能な限り行うが大きなテーマです。

従って、施設利用者よりホテルコストを頂ということは、内容的に考えると
社会にある既存のアパートに介護スッタフが付いている様なもので実際は
施設も在宅化した!というだけのような気もします。

これまで、施設にいる生活者は、低所得者の方という見方もありましたが
現在は、介護の社会化という視点から見ると低所得者よりも要介護度の
高い方、必ずしも低所得者=施設にもならず、在宅にも低所得者で頑張って
いる方もいるのでは・・?と考えることも出来きます。

こうなってくると、良いのか?悪いのか?ですが、1つの考え方として介護保険
の目指す在宅福祉になっていくのかな?と言う気もします。

発想を変えて、既存の施設が付帯事業としてヘルパー事業なんてやって、施設に
ヘルパーを派遣するなんてやっても良くなることも有るかも、遣りようによって
今も別組織作って施設職員、在宅ヘルパーをパート化して遣っているところも
有るような・・・・?

どうでしょう?

« エコノミークラス症候群、施設でも・・・ | トップページ | 介護予防システム »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43853/1998316

この記事へのトラックバック一覧です: 1つの考え方として施設=在宅:

« エコノミークラス症候群、施設でも・・・ | トップページ | 介護予防システム »

最近の記事と写真

Groovy写記

  • 02
    日々の思わず、「ニンマリ」(^2^)!微笑んでしまう! 写記をお届け!! 超個人的な写真です。

お薦めサイト

アフィリエイト

お調べします


  • IT用語検索
  • 生活のお悩み解決!
     


  • Google