« 12月8日 開戦記念日 | トップページ | 子どもの目 »

子どもに怒ってしまうとき!!

子育ての記事を読んで

これらの記事を読んでみて、我が家の子どもと父親の関係を考えた。

我が家は、祖母と子ども(3歳、5歳)、奥さんと私の5人家族である。
私たち夫婦は、共働きで、2人の子どもたちは未満児と年長に通園し
更に朝と夕に延長保育をお願いしています。

祖母は、車も無く、子どもが病気の際に子どもの面倒を看ていてもらっている
程度です。
しかし、私たちの仕事が医療、福祉関係であり不規則な生活の中かなりの
生活の場面と子育ての場面に協力以上の働きを依存しています。

子どもを叱ってしまう場面は、特に私の叱り失敗したなと感じる時は、
自分中心に生活や出来事を考えていたりするときが全てです。
仕事のこと、趣味、などそれ以外は、子どもの悪戯です。

その悪戯も丹念に話を聞くと叱ること無くすむことも有ります。

もう一つ、私が、頭でっかちになって子どもの目線でものを見ていないと
いくら子どもが悪戯をして悪くても叱って失敗したなと感じること有ります。

今の私の生活は、身体を動かして生活、身体で子どもと付き合うことなく
頭と知識と情報のみで判断、感情を支配されていますのでバランスが
悪いと思います。

バランスとは、環境(生活、仕事、子育て・・)と身体(運動、労働・・・)と頭(情報、知識・・・)の関係が
良い循環でサイクルし安定した心の状態がつくられることです。
別に表現すると身体感覚と頭が一致した状態、自分の身体と心を肯定的に感じれる状態ですか!

このような状態は、五感が活き、相手をしっかり捉えられる気がします。
でも最近の社会は、こんな状況を許してくれません。しかし、「仕方がない」「めんどくさい」
「みんな同じ」などの言葉で終わりにしていくと・・・・・大変になるのでは!

icon
icon

« 12月8日 開戦記念日 | トップページ | 子どもの目 »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43853/2230255

この記事へのトラックバック一覧です: 子どもに怒ってしまうとき!!:

« 12月8日 開戦記念日 | トップページ | 子どもの目 »

最近の記事と写真

Groovy写記

  • 02
    日々の思わず、「ニンマリ」(^2^)!微笑んでしまう! 写記をお届け!! 超個人的な写真です。

お薦めサイト

アフィリエイト

お調べします


  • IT用語検索
  • 生活のお悩み解決!
     


  • Google