« 子どもの集中力↑ | トップページ | 社会主義的平等サービス »

自分の思っている社会福祉は正しいのか?

社会福祉の分野で、働いている皆さんは最近はとても多いと思います。
私の就職する頃は、「男性が下の世話なんかして!」と言われたこと
もありました。

私の今の疑問「自分の行っている社会福祉は正しいのか?」

つまり、社会福祉は、時の経済や社会や政治の有り様でころころ
変わります。明治の福祉、大正の福祉、昭和の福祉、平成の福祉
戦争、経済、などその時代によって内容を異にしてきたのが事実でないでしょうか?

今日、やっている福祉が、明日、国や経済が変わって出来なくなったら
それが本当の福祉になるんでしょうか?福祉の基準は何でしょう?
本当の福祉は何でしょう?(法律が決まるのでしょうか?
民主主義と言って、多数決で決まればよいのでしょうか?)

時代、時代でその有り様が変わるなら、今日出来ないことも、
明日やったことも、ユニットが良くても、ユニットでなくても
施設でも、在宅でも
何やっても良いんじゃないでしょうか?

本当の社会福祉って、何でしょうか?

« 子どもの集中力↑ | トップページ | 社会主義的平等サービス »

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

福祉って難しいですよね。これっていう形の無いものだし、人それぞれだし、時代によっても違うし。逆に言うと、これが絶対ってものが無いんじゃないかなと思います。自分らしい生き方を支援する、それだけでいいんじゃないかなって思います。

ma-saさん
コメントありがとうございます。

「自分らしさ」私も常に自分の心にもとめています。
ただ、世の中の、生活の価値観、援助観などはあまりにも行政やメデイヤ、現実の生活に左右されるものですよね。
結局、自分らしさ、権利などは、そんな社会の雰囲気に左右される!?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43853/3234821

この記事へのトラックバック一覧です: 自分の思っている社会福祉は正しいのか?:

« 子どもの集中力↑ | トップページ | 社会主義的平等サービス »

最近の記事と写真

Groovy写記

  • 02
    日々の思わず、「ニンマリ」(^2^)!微笑んでしまう! 写記をお届け!! 超個人的な写真です。

お薦めサイト

アフィリエイト

お調べします


  • IT用語検索
  • 生活のお悩み解決!
     


  • Google