« セグメンテーション | トップページ | マーケティングとマーチャンダイジング »

任意後見制度利用促進へ

東京の弁護士らで「市民のための成年後見センター」が
今日から活動を開始する。

判断能力が不十分になってからの裁判所が後見人を選任する
法定後見と判断能力がある時より契約する任意後見がある。

任意後見は、元気な時より介護サービスや財産の管理等を
行い将来に備えて自分の意思で選べ、また、任意後見人が
被任意後見人の価値観等も汲むことができ、判断能力が
不十分になた時でも最善のケアが受けられる利点がある。

任意後見は、約2500件法定後見が約17000件と利用が
低いので任意後見を伸ばそうとと言うねらいのようだ。

法人後見で組織的に個人の限界を補い将来もより安心に!

元気な間は、月10000円、後見は月50000円の利用料
の設定。

さて、庶民の生活に身近な社会福祉士は、どのようなイメージ
で今後展開していくのだろうか?

« セグメンテーション | トップページ | マーケティングとマーチャンダイジング »

ニュース」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43853/3151001

この記事へのトラックバック一覧です: 任意後見制度利用促進へ:

« セグメンテーション | トップページ | マーケティングとマーチャンダイジング »

最近の記事と写真

Groovy写記

  • 02
    日々の思わず、「ニンマリ」(^2^)!微笑んでしまう! 写記をお届け!! 超個人的な写真です。

お薦めサイト

アフィリエイト

お調べします


  • IT用語検索
  • 生活のお悩み解決!
     


  • Google