« その立場になって解ること! | トップページ | 成年後見人養成研修 終了 »

スポーツと福祉

4569636926.09050328_190551二宮清純さん、ご存じの方が殆どであると思いますが、
スポーツジャーナリストとして活躍されている方です。

以前より、氏の話にとても関心があった私ですが、
同氏の著作を読む機会があり、その内容があまりにも
福祉分野にも共通する事を感じ紹介したい!

著書は「勝者の組織改革」である。

今日触れる内容は、日本のスポーツ界の構造は
学校スポーツ→企業スポーツ→プロスポーツという
階層になっており、「スポーツ」は国民のものでなく
文化でもなく企業の宣伝・広報の一部とされている
という内容をプロ野球の凋落とJリーグの各地方の
チーム発展から「スポーツを企業から地域へ」と・・
述べている。

そして、画像の正三角形理論を用いて底辺に「普及」、
その上に「育成」、頂点に「強化」という正三角形でこの
三角を大きくすることでスポーツ界を国民により支持され
発展していくと説いています。

この仕組み・構造は、最近の福祉のそれにも似ている気がします。
これまでの福祉業界も公・社会福祉法人のみが、福祉の担い手
であって生活者の住民のものでなく公・社会福祉法人のものだけ
という認識でした。

それが介護保険、社会福祉基礎構造改革等で次第に地域・住民
のレベルに生活に近い所にやって来た感じがします。
福祉業界も「施設」→「地域」のベクトルで動いています。

福祉もスポーツと同様、「文化」です。文化は、一部の企業、団体の
ものではありません。

私の説明では、あまりにも稚拙で著者にも悪いので是非読んでみてください。

« その立場になって解ること! | トップページ | 成年後見人養成研修 終了 »

学問・資格」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いやいや、非常に分かりやすいです。
二宮氏の提唱していることは、どの分野でも当てはまる普遍的なものなのかもしれないですね。

コメントありがとうございます。

人間、社会と相互作用で発展していくものと考えますが、何処かDNAに染みこんだ普遍的な理屈も有るような気がします。

氏は、スポーツの切り口で五感的に感じているんでしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43853/3475552

この記事へのトラックバック一覧です: スポーツと福祉:

« その立場になって解ること! | トップページ | 成年後見人養成研修 終了 »

最近の記事と写真

Groovy写記

  • 02
    日々の思わず、「ニンマリ」(^2^)!微笑んでしまう! 写記をお届け!! 超個人的な写真です。

お薦めサイト

アフィリエイト

お調べします


  • IT用語検索
  • 生活のお悩み解決!
     


  • Google