« 二つの記事から | トップページ | 生活防衛 »

認知症ケアの手法(福祉新聞より)

認知症介護に携わる関係者が当事者を継続的に
支える為の統一的なケアマネジメント手法。
全国三ヶ所にある認知症介護研究・研修センターが開発。

「認知症の人のためのケアマネジメントセンター方式」(センター方式)

この手法は、認知症の人に見られる問題行動は
管理型介護による「作られた障害」として、事業所、
ケアする人間のアセスメントとケアプランにバラツキがある
ことも問題としている。
結果として、認知症ケアの標準化を目指し開発された。

多くの介護現場で活用され認知症の方の「その人らしさ」が
見えてくると良いと思います。

センター方式は東京センター「いつどこネット」でダウンロードできるそうです。

« 二つの記事から | トップページ | 生活防衛 »

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

コメント

認知障害
私も似たような経験があります。
それも病気によるもので今は全く陰もありません
が、それが社会的にどのように位置付けられるか。

あの頃の私には、まったく関与外だった気もします。
「その人らしさ」
ずい分難しい問題ですね。
私もまだまだ学ばなければならないことがたくさん
あるなあと、気づきます。

いらっしゃいませ!
junco さん

「その人らしさ」難しいです。難しく考えると
でもふとして瞬間自分の心と向き合う事を
求めれれたり、自分の身体が悲鳴上げたりと
色々ありますよね。

その瞬間をどのように「お付き合い」するか?
嘘をつくか?つかないか?
ついたとしても、その後自分を癒したりできるか?
そんな生き方の中に、「その人らしさ」へ近づく
ヒントもある気がします。
まだできていませんが!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43853/3568818

この記事へのトラックバック一覧です: 認知症ケアの手法(福祉新聞より):

» 認知症を知る1年 [What's ノーマリゼーション?]
平成17年度は、介護保険の改正という非常に重要で変化の多い年になりそうであるが、「認知症を知る1年」という国の取り組みが行われることになっている1年でもある。 ... [続きを読む]

« 二つの記事から | トップページ | 生活防衛 »

最近の記事と写真

Groovy写記

  • 02
    日々の思わず、「ニンマリ」(^2^)!微笑んでしまう! 写記をお届け!! 超個人的な写真です。

お薦めサイト

アフィリエイト

お調べします


  • IT用語検索
  • 生活のお悩み解決!
     


  • Google