« 発達障害 | トップページ | 正社員・パート・ニート »

ICF

ICF(国際生活機能分類):障害というマイナス面にのみ
に目を向けるのでなく「生活」というプラス面を重視してく
考え方。

介護保険の見直しで「介護予防」について各方面で
様々に語られていますが、・・・・・。
この議論の中にICFの理念が反映されているのでしょうか?
(厚生労働省の方は、YESと答えるでしょうが)

現場に近いところで働いている人間には、??マークが付く気がします。
介護予防が悪いというのでなく、介護予防を利用者の生活に上手く
リンクできるだろうか?と言うところでないだろうか?

我々、身体機能の問題の無い人間でも日々の生活に「トレーニング」
をいれていくのは大変です。高齢者が私たちより容易いとは、これまた??
あまりにも制度政策本位の「介護予防」の気がします。
「生活」や利用者と援助者の「関わり」の「複雑系」にお国の
頭の良い方は、既に気づいていると思うのですが・・・。

ICFで行きましょう!「できる」「できない」から「している」へ

« 発達障害 | トップページ | 正社員・パート・ニート »

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
介護職の方達のブログづたいにやってきました、なごと申します。
去年、社協の研修でICFの理念を知りました。
担当の利用者様のライフヒストリーを聞いてプランを作成してみたのですが、認知症と言うこともあってどうしても問題点に目がいきがちでした。

今はプラン作成からは離れた職場にいるのですが、それでも利用者様が穏やかで充実した日々を送れることを願っています。
今の職場では何もできなくてはがゆいです…

いらっしゃいませ!
なごさんへ
利用者の近いところで仕事していますが
私も環境、自分などに対する「はがゆさ」
でいっぱいです。

文章にすると、それなりなのですが実際は
どうだろうか?と考え考え自分の「働きかけ」の善し悪しを考えています。

まだまだです。

はじめまして。よって頂いてありがとうございます。
ICF、この考え方の以前には、誰もが知る、ICIDHの考え方、とらえ方がありました。特養であれば誰でもしっているケアに際する見立ての視点であります。そしてこれはマイナス(その人のマイナスの部分の評価・どのような能力障害があるのか等々)のとらえ方であることも理解されていました。この理解のもと利用者支援をしてきた訳ですが利用者個別に支援していく中で、できないところ、いわゆる能力障害だけではなく、今残っているいる機能や生活の仕方やその人の暮らし方に視点あて生活支援(特にとくようであれば、身体介護(日常のこまかな生活行為)に取り組んできた歴史があります。確かにそれは、しっかりとした形にはなっていなく、個々の施設で大きな格差があるのは事実でありますが、このような経過があったのに、何故、今、ICFなのか、さも、今まで何も取り組んでこなかったかのような経過を前提として進められている感じがしてなりません。
 WHOの考えたは、当時としては画期的なものでした。従来障害を「機能障害」や「能力障害」といった観点のみでとらえ、利用者を治療したり、リハビリしたりして行うことによって問題の解決を図ろうとした観点から脱却して「社会的不利」という環境面の変化、整えることによっても障害が克服できるということを示す考え方でありました。今(ICF)は、その因果関係もないといっています。
 因果関係はあると私は考えています。できていけるようにしていくためには、本人の「やる気」の問題もあります。こちらもモチベーションの働きかけも重要です。身体が病むと心も痛みます。病は気からと昔の人はいっています。
(お子さん、うちの子とおない年ですね7歳 3歳 2人とも男です)
これからも宜しくお願いします。

いらしゃいませ!
The社会福祉マンさん>当事者の皆さんとの関わりのきっかけもあるんでしょう?動機付けのきっかけ?・・・。決まった方法論もないにで、現場が一番混乱してしまうのでは!
と考えます。

表現が足りないですが、その場の「雰囲気」の連続でよくもなり悪くもなり・・・。
ICF→予防→生活→ICF・・・のスパイラルが良いのでは!

また、子どもさんお二人、我が家もです。悩みと心配が尽きませんが親にさせて頂いてます。こちらこそよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43853/3783563

この記事へのトラックバック一覧です: ICF:

« 発達障害 | トップページ | 正社員・パート・ニート »

最近の記事と写真

Groovy写記

  • 02
    日々の思わず、「ニンマリ」(^2^)!微笑んでしまう! 写記をお届け!! 超個人的な写真です。

お薦めサイト

アフィリエイト

お調べします


  • IT用語検索
  • 生活のお悩み解決!
     


  • Google