« 記録 | トップページ | コンビニ »

こんなお話

久田先生のお話の中で・・・・。
(多少、記憶が薄れていますので、全ての
内容が先生が述べられたことを再現できているか?
不安ですが・・)

ある発達障害を持っているお母さんがどうしても
「誰かに話したい!」「相談にのって欲しい!」と
いうことで久田先生の所にこられたそうです。

このお母さんは、自分のお子さんの為に、とある
事業所を利用しているそうです。
そこでのお子さんと事業所のスッタフの関わりを
見たお母さんの「辛い思い」を相談せずには
いられなかったそうです。

お子さんが、その利用しているスタッフに、こんな
言葉を再三浴びせられるそうです。

「どうして、何度いっても出来ないの?!」という言葉を
(先生のお話ではこのような内容でしたが一言一句同じ
では・・?)
お母さんは、この言葉に辛く憤りを感じてしまいました。

お母さん曰く「自分の我が子が、何度いっても出来ない
事を理解できない、あなた(スッタフ)!なぜ、その事が
解らないのか?なぜ、そのことを我が子の責任にするのか?」
(内容的には、OKと思います)

事業所で働くスッタフは、少なくても「専門」という言葉の
範疇で仕事をしています。
単なる仕事での経験年数で仕事をするのでなく、専門知識
や根拠を持って仕事をしなければならない!
(自分にも思いあたる重い実例のお話でした。)

「理論無き実践は無謀(リスク)である。」(先生の言葉
これは正確です。)

また、久田先生のお話の中で(お話の内容は前後してます)

先生が、事業所にお仕事の出向き、こんな事を
その事業所のスタッフに質問すると!!

例えば、「○○の事について簡潔に書いて下さい。」
○○とは?その事業所の専門とする(対象とする利用者の障害等
の知識について)事についてです。

次の様な現象が起きるそうです。
「スッタフが固まってしまう。」「目がキョロキョロし出す」

必要とされる専門知識がないんですね。
(私もやばいところ有りますが・・・)

専門職とは、理論・知識とスキルを持っていなくては
なりません。
(ここでも専門職の心得1を確認できました。)

« 記録 | トップページ | コンビニ »

社会福祉士」カテゴリの記事

コメント

 またまた書いてしまいました。トラックバックの記事が長い? 御免なさい。ご愛敬だと思ってお許しください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43853/4203544

この記事へのトラックバック一覧です: こんなお話:

» 裏帳簿・記録について [はりせんぼん]
 この記事は、恋い太郎さんの「Groovy & 遊び感覚」……ブックマークから飛んでください……5月20日付の記事と、5月19日付記事のコメントについて書きます。恋い太郎さんの主張はとても大切だし、久田先生のお話も勉強になります。いい記事ですね。そこで、記録に絞ってコメントをしようと思ったのですが、長くなったので、またまたこんなところに書いています。  いろいろな感想を持ちましたが、記録がらみでいう... [続きを読む]

» 裏帳簿・根拠 [はりせんぼん]
 先週、根拠の話を書きます。なんて言っておいて、そのままにしておくのはちょっとと、こんな時間に一念発起して書いています。  この記事は、恋い太郎さんの「Groovy & 遊び感覚」……ブックマークから飛んでください……5月20日付の記事に対するコメントの続きなのです。  恋い太郎さんの記事の中にあった、「専門職としての基本的事項を質問しても答えられない」と言う現象は、結構深刻なものがあると感じています。 ... [続きを読む]

« 記録 | トップページ | コンビニ »

最近の記事と写真

Groovy写記

  • 02
    日々の思わず、「ニンマリ」(^2^)!微笑んでしまう! 写記をお届け!! 超個人的な写真です。

お薦めサイト

アフィリエイト

お調べします


  • IT用語検索
  • 生活のお悩み解決!
     


  • Google