« 悪戯書き | トップページ | 利用者が開くSW »

業務独占という「罠」

「業務独占」を行える(現在、行っている)職種には、
いろいろな条件が整っているのではないだろうか?
(単純に国家や団体がルールを決めていると言うことではなく)

その条件とは、
    ①有資格者として、しっかりとした教育システムが整っている
    ②フォローアップを受けられる環境が日常的にある
    ③徒弟制度的である
    ④法律等で業務の手続きがルールとして存在する
    ⑤職種が職場等で集団的に存在する
    ⑥職種的な価値観がある

これを「社会福祉士」に置き換えるとどうだろうか?

⑥以外(⑥もまだまだ結構弱い気もするが)の全てが社会福祉士には
当てはまらないんではないだろうか?

この現状で、「業務独占」を安易に受けていってもイメージアップより
イメージダウンの方が関係職種や利用者から受けてしまう気もする!
むしろ知らず知らず「権威的」になり社会福祉士「敷居が高い」という
事も聞き中どうなんだろう?
(だから業務独占が必要ないと言っているのではない)

私は、業務独占が「ない」という「自由度」を期待したい!
どんな業界、どんな職種(大袈裟に言って)でも「生活の困り事」
は有るわけで、そこに対してアプローチ力と企画力で入り込んで
行ける(これは、一般の方に「福祉」というイメージは合っても
私たちの生活には、「関係ない」と多くの方が考えているからである。)

これをCWやGWやCoW等のスキルで先の「力」と説明力、コメント力
も含め、「なるほど?!」と関係性を伝え、ビジネス化出来ると信じています。

現状、社会福祉士は、「改革」(福祉業界以外の業界も)中で進んでいる中
「業務独占」=「資格、仕事の担保」という過去のモデルにこだわるのでなく
新しいモデルを自分で創る、ベンチャー的な発想が求められる気がする。

安易な業務独占は、「職域」という「壁」を自ら歓迎しているかの様な気がする。
この壁を壁として、気づかず胡座をかいてしまうと社会福祉士は、資格として今より
価値も失い腐敗する!

« 悪戯書き | トップページ | 利用者が開くSW »

社会福祉士」カテゴリの記事

コメント

トコ、トコ、トコ・・・・夜のお散歩中!
最近はジャニーズだけではなく、
ホリプロもガードが堅くなってしまったので、
なかなか芸能情報を提供できなくて
ごめんなさい!
でも、あびる優と和田アキ子は徹底的に追及しますので・・・・。
社会福祉は財団か社団法人で、税制上優遇されてるんだよネ!
社会保険も3割負担なので、なかなか病院にも行けなくなったけれど、医者は儲かってるよ~!
おっと、危ない危ない・・・・・。

コメントありがとうございます。

いつも違う空気を感じれ感謝しております。
福祉も民間とのギャップを無くすべく世の中
動いたいます。

福祉と言って、訳の分からない「優遇」はいりません。「優遇」と言うより「弱者への社会的寄生」ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43853/4424179

この記事へのトラックバック一覧です: 業務独占という「罠」:

« 悪戯書き | トップページ | 利用者が開くSW »

最近の記事と写真

Groovy写記

  • 02
    日々の思わず、「ニンマリ」(^2^)!微笑んでしまう! 写記をお届け!! 超個人的な写真です。

お薦めサイト

アフィリエイト

お調べします


  • IT用語検索
  • 生活のお悩み解決!
     


  • Google