« 寒天ダイエット3日目 | トップページ | 社会福祉士50年・・↑ »

「子ども」が開く「地域」への扉

私は、「福祉」を生業とするものです。

日頃の仕事等より、私の関係・支援する「利用者」
の皆さんが私の「仕事」「施設→地域」の目を
開かせてくれる事は、このblogでも書いた!

そして、更に私生活において子どもが小学校に入り、
保育園とは、「異なる」目の前の「風景」を見させて、
感じさせてくれる事を随分感じる!

これも「地域」への広がりという事であるが、
この広がりは私を支援者から「当事者」としてのそれである!

これまでは、「しがらみ」「めんどくさい」などで敬遠していたのが
不思議である。
(当然、私の周囲にいる方の関係が上手く機能出来ているから、PTA)


仕事で「地域」「地域」と連呼しているが、当事者としての「私」と
「仕事」の「私」を意識したとき、かなりのギャップを感じ!

また、実際の「当事者」としての私の「地域」へのアプローチの内容が
仕事より時間も手間も掛けていないが「意味」があり実際的と感じる。

となると、社会の「子ども」の存在は、経済・社会保障の側面から
考える以上に「非常に大切である」。

« 寒天ダイエット3日目 | トップページ | 社会福祉士50年・・↑ »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43853/4566549

この記事へのトラックバック一覧です: 「子ども」が開く「地域」への扉:

« 寒天ダイエット3日目 | トップページ | 社会福祉士50年・・↑ »

最近の記事と写真

Groovy写記

  • 02
    日々の思わず、「ニンマリ」(^2^)!微笑んでしまう! 写記をお届け!! 超個人的な写真です。

お薦めサイト

アフィリエイト

お調べします


  • IT用語検索
  • 生活のお悩み解決!
     


  • Google