« 社会悪?! | トップページ | 介護予防のまちづくり その2 »

介護予防のまちづくり その1

平成17年7月2日(土曜日)今日ですね。
長野県真田町 真田町文化会館にて

上田地域広域連合主催 「よりよい介護保険をめざして」
と題して介護保険講演会がありました。
(恋い太郎的に介護予防の行方と時間が取れたので聞きに行きました。参加無料)

内容は、
 第一部 基調講演
       テーマ「介護予防のまちづくり」
       講 師 大渕修一氏
            (財団法人東京都高齢者研究・福祉振興財団、東京都老人総合研究所 介護予防緊急対 策室長)

 第二部 パネルディスカッション
      ・テーマ「介護予防の取り組み」
      ・コーディネーター 鷹野和美氏
      ・パネリスト     金子修平氏(アイリスケアセンターこさと センター長)
                  太田奈良男氏(サバイバー)
                  宮沢章子氏(青木村保健師)
                  宮島 渡氏(高齢者総合施設アザレアンさなだ施設長)

で12:30~16:00まで開催されました。
(内容的には、専門家向きでなく地域の方にも分かりやすいものでした。参加者確かな数は?ですが300人近く
?いたかな?会場結構一杯の感じでした。)

大雑把に
第一部の内容は、東京都老人総合研究所作成の「いつまでもいイキイキ生活ー元気な体をつくる「介護予防」ー」
という冊子の元に(「介護予防とは?のQ&A」、「自分でやってみよう、介護予防健診「おたっしゃ21」」など)講演されました。
    ・なぜ介護予防なのか?
    2000年から2004年のデータを元に要介護者認定者の推移から
    全体で2000年→2004年で1.6倍に、要支援・要介護1に限っては1.9倍に現行のサービスに軽度の    要介護者のサービスが存在しない、見直しで新しいサービスを作る。

    これまでの生活習慣病の予防は、「長生き」が目的である介護予防は「元気に長生き」が目的

    要支援者の今後のシュミレーションでは、要支援者の改善率を2倍に、要支援の悪化率を1/2に想定し     ても軽度要介護者の増加率は今後の予想を沿っていく形か、それ以上増加する結果になってしまう。
    増加率を抑えるためには、新規要支援者を1/2に抑えていくしかない!
    
だから、介護予防!

介護予防のをキーワードにしたまち作り
    ・筋力向上トレ
    ・転倒予防  
    ・痴呆予防
    ・失禁予防
    ・低栄養予防

しかし、地域の中で予防のプログラムを展開して行くには、課題も有るようだ!
「介護予防が目的でなく自分らしくいきいきと好きなことをあきらめない」 という気持ちが当事者にないといけないようだ。

(私の感想)
この心構えは、「老い」や「死」を生活から切り離しなるべく直視しない生活から「老い支度」をするという「老い」やその先の「死」を踏まえ如何に生活していくかを支援していく私たちも高齢者、社会が共有しないといけないと感想を持ちました。
この「老い支度」の中に「介護予防」もある気がする!

その2は次回以降に!
 
                  

« 社会悪?! | トップページ | 介護予防のまちづくり その2 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43853/4799922

この記事へのトラックバック一覧です: 介護予防のまちづくり その1:

« 社会悪?! | トップページ | 介護予防のまちづくり その2 »

最近の記事と写真

Groovy写記

  • 02
    日々の思わず、「ニンマリ」(^2^)!微笑んでしまう! 写記をお届け!! 超個人的な写真です。

お薦めサイト

アフィリエイト

お調べします


  • IT用語検索
  • 生活のお悩み解決!
     


  • Google