« 地域包括支援センター設置は65% | トップページ | 子どもと同居すれば安心は得られるが、その代わり、失うものが出てくるのも常だ。 »

認知症サポーター(オレンジバンド)

警察庁の調べによると、屋外を徘徊(はいかい)中、死亡、行方不明となった高齢者が、全国で昨年1年間に約900人になるそうです。多くが認知症(痴呆(ちほう))高齢者で、発見、保護に時間がかかることが原因と見られいるようです。

このような状況中で、全国で地域、行政、民間、関係者等の徘徊者の早期発見ネットワーク作りを行っている所もあるようですが、有効に機能しているところは少なく、このようなネットワークや協力関係を築いている所も少ないようです。
(このようなネットワークを機能させるには、日頃からの住民や地域に認知症の方の理解が欠かせない)
詳細はこちら(読売新聞

また、厚生労働省では、17年度から「認知症を知る1年」と称したキャンペーンを実施し、研修を全国的に行っているようです。(恥ずかしながら、私もこの記事を書くまで知りませんでした。)

本研修の目的は、認知症を正しく理解し、地域で実践することができる認知症サポーターを輩出するミニ学習会(=認知症サポーター養成講座)の講師(キャラバン・メイト)を養成することである。(抜粋)
詳しくは、こちら認知症サポーター100万人キャラバン

そして、この研修終了者には、サポーターとして「オレンジバンド」がもらえるようです。
(こちらのblogで発見)

私もホワイトバンドは装着していますが、このオレンジバンドも認知症の理解・支援の「意思表示」として関係者が着けることで先ほどの認知症の方の早期発見ネットワークを築いていく流れが加速すれば良いと感じます。


« 地域包括支援センター設置は65% | トップページ | 子どもと同居すれば安心は得られるが、その代わり、失うものが出てくるのも常だ。 »

社会福祉士」カテゴリの記事

コメント

コメント&記事引用ありがとうございます。
オレンジバンドはまだ札幌でしか研修行っていなく
日本国内でもWEBおよび雑誌、新聞等でも
写真はわたしのでしかないようです。

他の記事はおちゃらけたばかりなので
お恥ずかしい限りです。

おひさしぶりです。
「オレンジバンド」欲しくても私じゃ手に入らない事が判明しました。
でも徘徊して外で亡くなった方の人数に驚きを隠せません。
施設でのエスケープ回避に今まで以上に必死でやろうと思いました。

コメントありがとうございます。
こちらこそ貴重な記事をありがとうございます。私も業界ネタ書いていますが、気持ちはblogタイトル通りでやっていますので・・・。

お恥ずかしい限りです。
またきて下さいね。

コメントありがとうございます。
じゅぼんさんNsですいね。確か!私の知る限りですが、私の住んでいる地域で認知症の研修の時に配られたようですよ。
その研修は、私の記事の認知症サポーターとは関係ないと思います。(認知症の方に携わって無くても)

もしお近くで認知症の研修があれば調べて参加されればゲットできるかも!

詳しく調べてみますね。
でも、なかなか時間がね~~!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43853/6073273

この記事へのトラックバック一覧です: 認知症サポーター(オレンジバンド):

» 認知症サポーター [HelperTown]
以前、このブログ内で認知症タウンミーティングのお知らせをして、 行く予定だったん... [続きを読む]

« 地域包括支援センター設置は65% | トップページ | 子どもと同居すれば安心は得られるが、その代わり、失うものが出てくるのも常だ。 »

最近の記事と写真

Groovy写記

  • 02
    日々の思わず、「ニンマリ」(^2^)!微笑んでしまう! 写記をお届け!! 超個人的な写真です。

お薦めサイト

アフィリエイト

お調べします


  • IT用語検索
  • 生活のお悩み解決!
     


  • Google