« 久々!ソフトクリームネタです。 | トップページ | 子どもの秘密?! »

成年後見制度の医療への導入

こんな記事がありました。

「医師が患者本人から同意を得る際に困ったケース」(医師524人回答、複数)

・認知症や精神障害などで、治療を本当に理解して同意しているか、はっきり解らなかった:65%
・認知症や精神障害などのため、不合理な理由で必要な治療を拒否した          :58%
・意識障害があり、意思の確認ができなかった                          :50%
・宗教や思想・信条上の理由で、必要な治療を拒否された                   :40%
・急を要する事態なのに患者がなかなか意思決定できなかった                :29%
・正確な病名をつたえていないので説明に困った                         :23%
(東京都老人総合研究所の本間 昭氏調べ)

高齢者施設では、医療行為を医師の判断や施設責任者の同意で行っているそうです。単身の高齢者が増加が考えられるなか、家族の同意を得られない場合には・・・・。

「成年後見人による医療上の同意権を与えたり」、「医学的見地から判断する第3者機関の設置を求める」がありました。

通常の医療行為の範囲での後見人の判断し同意権はあってもよいのでは!

« 久々!ソフトクリームネタです。 | トップページ | 子どもの秘密?! »

成年後見制度」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43853/6608841

この記事へのトラックバック一覧です: 成年後見制度の医療への導入:

» お医者さんも苦労しているようですね… [斜め読み介護ニュース]
東京都老人総合研究所の調査によると、判断能力の低下した認知症の高齢者を治療する際、本来必要とされる患者本人の同意を得るのに「困った経験がある」医師は、全体の81%もあるようです。 成年後見制度など、必要な施策は用意されているのでしょが、実際の生活場面でどこまで活用できるのか、制度を運用する「人」レベルでもう少し検討する必要がありますね。 ちなみに今回のリンク先の函館法人会のホームページ、社会保険料算出ソフトなど�... [続きを読む]

« 久々!ソフトクリームネタです。 | トップページ | 子どもの秘密?! »

最近の記事と写真

Groovy写記

  • 02
    日々の思わず、「ニンマリ」(^2^)!微笑んでしまう! 写記をお届け!! 超個人的な写真です。

お薦めサイト

アフィリエイト

お調べします


  • IT用語検索
  • 生活のお悩み解決!
     


  • Google