« 「すみません」「ごめんなさい」・・ | トップページ | mixiに・・・・・ »

2050年のわたしから

またまた、こんな本を読みましたので・・・。

金子勝著(慶応義塾大学教授)「2050年のわたしから」講談社刊です。
まず、なぜ?この本を読んだか?と言うとたまたまNHKの番組で来年4月からの介護保険制度についてものがあり、その番組にコメンテーターとして堀田 力氏(さわやか福祉財団理事長)と金子 勝氏が出演していまして・・番組にそってのお二人のお話を聞いていると私的に金子 勝氏の話の内容が解りやすく・・理解できるものだな~!と感じましたので・・・・。(弁護士ながら・・・自分の言葉で語っていない気がします。ご自身が参画し座長で創った「2015年の高齢者介護」と改正介護保険制度がイメージが違いすぎるためか??)

その際、この「2050年のわたしから」について触れたので・・・買ってみました。

4062129167

この本は、イラスト表現も大変柔らかく創ってあるので年齢性別関係なく読めると思います。(小学校の教材にも・・・是非!)
具体的には、私たち個人の生活・・仕事、老後等について・・。そして、政治、経済を2050年の生活をイメージして今を振り返り!(結構これだけ読むと話半分でも・・・ガッカリ)

そして、後段には、この予想現実から・・別の未来・・!

私が思ったことは、NHKの番組とこの本から・・現在の生活、制度政策を観る中で、どんな価値観で判断するのか?現実の仕組みや行為のみに左右されるのでなく・・・痛みを伴うと言いますが(誰かさんは?)私たちが日頃の生活の1つ1つで簡単な痛みから少しづつ変えていかないといけない気がします。この痛みの積み重ねが社会や政治や経済を少し方向を変えていくと思います。大きな仕組みに依存するばかりでなく、身近な小さな仕組みを変える事でも見た目の様子も変わって来るのでは・・・!

« 「すみません」「ごめんなさい」・・ | トップページ | mixiに・・・・・ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43853/7009642

この記事へのトラックバック一覧です: 2050年のわたしから:

« 「すみません」「ごめんなさい」・・ | トップページ | mixiに・・・・・ »

最近の記事と写真

Groovy写記

  • 02
    日々の思わず、「ニンマリ」(^2^)!微笑んでしまう! 写記をお届け!! 超個人的な写真です。

お薦めサイト

アフィリエイト

お調べします


  • IT用語検索
  • 生活のお悩み解決!
     


  • Google