« 介護の中にもある?!木村建設と姉歯元建築士の関係 | トップページ | 「私は障害者向けのデリヘル嬢」読んでみました。 »

拘束率

こんな言葉があるそうです。

   「拘束率」

「拘束率」・・・・入所者が拘束された日数の合計を、全入所者の延べ入所日数で割る。

これは、朝日新聞のこちらで見つけました。

介護保険では・・・・・次の通り

・生命または身体を保護するため緊急やむを得ない場合」を除き、行動を制限する身体拘束を禁止

・拘束する場合 
   (1)切迫性・・利用者本人または他の利用者等の生命または身体が危険にさらされる可能性が著しく高い
   (2)拘束以外の介護方法がない非代替性・・身体拘束その他の行動制限を行う以外に代替する介護方法     がない
   (3)一時性・・身体拘束その他の行動制限が一時的なものである
  
       の3つをすべて満たす時のみ可能としています。

しかし、介護職側の「安全」「人的問題」等の都合で身体拘束が行われているようです。

※身体拘束とは?

1 徘徊しないように、車いすやいす、ベッドに体幹や四肢をひも等で縛る。
2 転落しないように、ベッドに体幹や四肢をひも等で縛る。
3 自分で降りられないように、ベッドを柵(サイドレール)で囲む。
4 点滴、経管栄養等のチューブを抜かないように、四肢をひも等で縛る。
5 点滴、経管栄養等のチューブを抜かないように、または皮膚をかきむしらないように、手指の機能を制限するミトン型の手袋等をつける。
6 車いすやいすからずり落ちたり、立ち上がったりしないように、Y字型拘束帯や腰ベルト、車いすテーブルをつける。
7 立ち上がる能力のある人の立ち上がりを妨げるようないすを使用する。
8 脱衣やおむつはずしを制限するために、介護衣(つなぎ服)を着せる。
9 他人への迷惑行為を防ぐために、ベッドなどに体幹や四肢をひも等で縛る。
10 行動を落着かせるために、向精神薬を過剰に服用させる。
11 自分の意思で開けることのできない居室等に隔離する。


身体拘束は、
  ・施設の漠然とした「他の利用者のため」という理由
  ・利用者のための介護でなく、「業務としての介護が出来ない」という理由
  ・介護者側が「拘束される側の人間を理解できない」という理由
  ・介護者のストレス等による思考停止という理由
  ・勉強不足という理由
  ・職場の雰囲気という理由
  ・ ・・・・・

  何が「理由」に・・・。

また、家族が施設のサービスを利用する前に疲労し、「仕方がない!」と施設での身体拘束に納得してしまったり
身体拘束を理解していなかったり・・・・。

施設で働く人間の「身体拘束廃止」取り組みも・・・また、社会での「身体拘束廃止」の意識を啓蒙しないと拘束は顕在化されず無くなって行かない!


« 介護の中にもある?!木村建設と姉歯元建築士の関係 | トップページ | 「私は障害者向けのデリヘル嬢」読んでみました。 »

社会福祉士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43853/7658768

この記事へのトラックバック一覧です: 拘束率:

» ちょっとメモ<身体拘束関連リンク> [フクシノオト]
<身体拘束関連リンク> [続きを読む]

» 介護保険施設、身体拘束の3割「違反」 人手不足が一因 [介護福祉ブログコミュニティHelpertownBLOG]
 特別養護老人ホームなど全国の介護保険施設で入所者が受けた身体拘束のうち、約3... [続きを読む]

« 介護の中にもある?!木村建設と姉歯元建築士の関係 | トップページ | 「私は障害者向けのデリヘル嬢」読んでみました。 »

最近の記事と写真

Groovy写記

  • 02
    日々の思わず、「ニンマリ」(^2^)!微笑んでしまう! 写記をお届け!! 超個人的な写真です。

お薦めサイト

アフィリエイト

お調べします


  • IT用語検索
  • 生活のお悩み解決!
     


  • Google