« どんど焼き&1000円カット、初体験!!家族3人 | トップページ | 育毛剤(罪)にてオリンピックが消える! »

大型店立地規制・・・・都市計画法の改正

政府は、これまで大型店等の出店には、立地場所の選定に当該市町村の判断を尊重してきたこれまでの仕組みから「周辺市町村の同意を条件に付けて」より大型店の立地規制を強化するそうです。

規制の強化の理由として、
 ・郊外の乱開発を招いた
 ・立地される当該市町村ばかりでなく、周辺市町村でも中心市街地の買い物客が減少した

道路や大型店が出来ると、その地域の生活地図に大きな変化が起きます。
 
 ・大型店を中心にコミュニティーが出来る
  しかし、大型店が閉店したりするとその地域の生活基盤が大きく揺らぐことも
  (現在の大手スーパーの閉店等)

 ・大型店が出来ることで既存のコミュニティーが崩壊してしまう

これは、自然の成り行きで仕方がないのか?


私は考えるのですが・・・。

高齢社会になると高齢者が自動車で買い物することが困難になり、ロードサイド型の郊外大型店の客足が遠のくのでは?!(結局採算合わず閉店も!)
近くのお店に行きたい!・・・でも、その時は、店が何処にもない!(市街地、コミュニティーの崩壊)

つまり、考えると単純に郊外に大型店の出店を認めていくと既存のコミュニティーが壊れ、そのコミュニティーと共にあった中心市街地も壊れ・・・・私たちは、賑やかい!便利!と思い大型店へ。
しかし、自分が高齢者になった時は、郊外の大型店には自動車の運転が恐くて行けず、買い物も不便になってしまった!(悪くすれば、店舗閉鎖・・・買い物に行けない!)

私たちは、「買い物難民」「消費難民」になってしまうのでは!(自分の首を自分で絞めていた事に気づく?)

でも、大型店は何故できるのか?
投資家から資金をあつめた投資ファンドから大型店が資金を調達することで、自己資金で新規店舗を建てなくていい仕組みだそうです。

私たち庶民は、投資家等の一部の金持ちの資金運用の流れの中で自分の生活が便利になったように感じているだけで投資家の金儲けの手助けを・・・最後には、お金からコミュニティーから全てを奪われて生活を失って行くだけで・・・。

自ら格差社会を創る手助けをしていることに気がします。

福祉的にも気になります。

都市計画法の改正案は、2007年施行を目指すそうです。

« どんど焼き&1000円カット、初体験!!家族3人 | トップページ | 育毛剤(罪)にてオリンピックが消える! »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43853/8097338

この記事へのトラックバック一覧です: 大型店立地規制・・・・都市計画法の改正:

» 郊外への大型店出店を規制へ [たいきぶろぐ]
大型店の郊外出店を制限する都市計画法の改正案が明らかになりました。 延べ床面積が10,000㎡を超える店舗は地域を中心部の商業地域以外には 出店できなくなります。この改正案は2007年にも施行される予定です。 この改正案の背景はいわゆる中心商店街の空洞化。 営...... [続きを読む]

« どんど焼き&1000円カット、初体験!!家族3人 | トップページ | 育毛剤(罪)にてオリンピックが消える! »

最近の記事と写真

Groovy写記

  • 02
    日々の思わず、「ニンマリ」(^2^)!微笑んでしまう! 写記をお届け!! 超個人的な写真です。

お薦めサイト

アフィリエイト

お調べします


  • IT用語検索
  • 生活のお悩み解決!
     


  • Google