« 恋い太郎の徒然ばなし 2/1 | トップページ | 恋い太郎の徒然ばなし 2/2 »

人間生活技術戦略ロードマップ

「介護なしの生活」・・・経済産業省が2030年までに人間の「五感」等を研究して介護のない生活実現への工程表をまとめたようです。
本当に夢のような話であり、極端にも聞こえます。!私も以前ある特養施設長(先進的に高齢者ケアに取り組んでいる方に、先に目指しているものは何ですか?と尋ねた際)に「介護を無くす!」という同様の言葉を聴いたことを思い出しました。

しかし、無理だ!駄目だ!出来ない!とネガティブに考えていると出来ることも出来ず、夢のしぼんでしまいます。その昔、人が空を飛ぶ!事を考え今は宇宙まで・・。

夢と考え、脇において考えるか!?拘って取り組んでいくか?!

人間としても大切な想いがある気がします。

« 恋い太郎の徒然ばなし 2/1 | トップページ | 恋い太郎の徒然ばなし 2/2 »

社会福祉士」カテゴリの記事

コメント

恋い太郎さん、おはようございます。


確かに「介護なしの生活」・・・は、本当に夢のような話であり、極端にも聞こえます。!ね。

私の場合ですと、現在は介護というより、介助が必要です。

ですから、これから未来にかけて、介助犬よりも扱いやすい(どんな想定でも)人間に近いロボットなら、介助に関しては、人間のヘルパーさんより頼りやすいですよね。

ロボットなら、気を使わなくても良いですからね。

でも、人の温かみも求めている介護なら、それはひとえに、良いとは言えませんよね!


結局、ケース by ケースですよね。

コメントありがとうございます。

人の代替としてのロボットより、人が居てロボットが居て!が良いのでは?!

そして、家族や友達と変わらず笑える生活が出来れば・・。

共生?(この言葉あまり好きではないのですが)がいろいろな意味で多様にできるためのロボットの存在を期待しています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43853/8461703

この記事へのトラックバック一覧です: 人間生活技術戦略ロードマップ:

« 恋い太郎の徒然ばなし 2/1 | トップページ | 恋い太郎の徒然ばなし 2/2 »

最近の記事と写真

Groovy写記

  • 02
    日々の思わず、「ニンマリ」(^2^)!微笑んでしまう! 写記をお届け!! 超個人的な写真です。

お薦めサイト

アフィリエイト

お調べします


  • IT用語検索
  • 生活のお悩み解決!
     


  • Google