« 日本人身障者の家 | トップページ | 社協介護保険から事業撤退!! »

母の命を奪ったが、もう一度母の子に生まれたい

京都市で、認知症の母親を介護を行っていた娘が合意の上、殺害し・・・・自分も自殺しようとしたが死にきれなかった・・。しかし、死にきれず逮捕され、その娘さんの公判で検察側が被告の母への愛情を詳述するなど、異例の展開になっている様です。

母親を殺害し「母の命を奪ったが、もう一度母の子に生まれたい」と告白した娘さんの思い・・・・。生から死に至る間に展開される「介護」・・・・そこで二人の間で確認される過去・現在・未来・・。

認知症・・・当事者の「その人らしさ」を援助していくぐらい、介護を行ってきた人間の「その人らしさ」を追求していくことも忘れてはいけない。

記事こちら

« 日本人身障者の家 | トップページ | 社協介護保険から事業撤退!! »

社会福祉士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43853/10014851

この記事へのトラックバック一覧です: 母の命を奪ったが、もう一度母の子に生まれたい:

« 日本人身障者の家 | トップページ | 社協介護保険から事業撤退!! »

最近の記事と写真

Groovy写記

  • 02
    日々の思わず、「ニンマリ」(^2^)!微笑んでしまう! 写記をお届け!! 超個人的な写真です。

お薦めサイト

アフィリエイト

お調べします


  • IT用語検索
  • 生活のお悩み解決!
     


  • Google