« 社協介護保険から事業撤退!! | トップページ | 日中活動+夜間 »

「役割を終えた・・・・」という言葉に??

昨日のblogで長野県上田市社会福祉協議会が介護保険2事業(訪問介護、訪問入浴)から撤退するという内容を書きました。

なぜ、撤退か?

介護保険開始以降、社会福祉協議会の独壇場であった居宅サービス部門に最近までに多くの多くの社会福祉協議会以外の民間事業者が参入し競争が始まり・・・・・単純に社会福祉協議会のシャア率が下がり収益が安定せず、更に高い人件費が2事業の足を引っ張ったかたちになったのが本当のところのようです。

「地域福祉」の担い手である社会福祉協議会が介護保険前より地域で暮らす高齢者、障がい者の生活の支えになってきたこと、そして、介護保険が開始された当初、介護保険事業に参入したのも社会福祉協議会以外の民間事業者が無かったことから自然の流れと思います。

また、民間事業者は、「儲かる!」と言う意識で事業参入しても良いでしょう!(社会福祉法人の堅い、古い、スピードのない、ニーズを意識しないサービスの隙間を埋める事も良いでしょう!)しかし、民間事業者は、社会福祉法人とことなり社会的責任や社会貢献、企業貢献などの範囲がかなり狭い気がします。もっと言えば、利用して頂いている顧客に対する責任はあっても、その民間事業者を好んで下さる方以外には、その責任を負っていないと言って良いような気がします。

だから、収益が上がらない、赤字になったと言うことで倒産・廃業も許されるでしょう!?

では、民間事業者が倒産・廃業してしまいこれまであったサービスが不足したらどうなるんでしょうか?その時は、また再びサービスを社会福祉協議会が、その空いた穴を埋めればいい!と言う発想でなのでしょうか?

社会福祉協議会は、「顧客」でなく「地域住民」に対して地域の生活流通を担保する仕組みと私は考えます。
民間事業者が担保できるスケールでは無いのです。

つまり、民間事業者にない「マインド」と責任の大きさと価値観があると思います。

国が行ってきている「改革」は、社会福祉協議会の「福祉マインド」や「使命」を民間企業の「ビジネスマインド」に換えろと言ったものと勘違いして欲しくないです。そういった意味の履き違えで事業撤退をして欲しくないです。

もし、事業撤退・・・「役割を終えた」という言葉を吐くのであれば、福祉サービスを必要とする人間が居なくなったから「役割を終えた・・」と言って欲しいです。

私的には、今回の撤退は「役割を終えた」でなく、「逃げた!」「負けた!」「志を捨てた!」の解釈になってしまいます。(社会福祉協議会は「お役所」的ですから・・・体質改善が出来なかったのでしょうね!)

この事は、社会福祉協議会ばかりでなく、本当は、「社会福祉法人」全てに言えることなのですが・・・。

どうでしょう?!

« 社協介護保険から事業撤退!! | トップページ | 日中活動+夜間 »

社会福祉士」カテゴリの記事

コメント

「斜め読み介護ニュース」の安永です。
トラックバックありがとうございます。

ご意見、元社会福祉協議会職員として、私も似たような感想を抱いております。

きれいな言葉で本質を隠さず、物事をきちんと考えないと、結局社協不要論にたどり着いてしまいますよね…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43853/10042928

この記事へのトラックバック一覧です: 「役割を終えた・・・・」という言葉に??:

« 社協介護保険から事業撤退!! | トップページ | 日中活動+夜間 »

最近の記事と写真

Groovy写記

  • 02
    日々の思わず、「ニンマリ」(^2^)!微笑んでしまう! 写記をお届け!! 超個人的な写真です。

お薦めサイト

アフィリエイト

お調べします


  • IT用語検索
  • 生活のお悩み解決!
     


  • Google