« <介護福祉士>資格取得方法を厳格化 | トップページ | 久々に・・・シャラポワ!! »

「要介護度=障害程度区分」という関係は・・・?

障害者自立支援法は、介護給付を利用する際には障害程度区分の2次判定を受けなければならない(非該当、障害程度区分1~6)。
その審査の対象者の中に介護保険制度を既に利用されている方もいるだろう。その方たちは、障害程度区分の他に要介護度も既に介護認定審査会の2次判定で決定されています。

そうなると・・・障害程度区分:区分6   要介護度:5
                 :区分5         :4
                 :区分4         :3
                 :区分3         :2
                 :区分2         :1     
                 :区分1         :要支援1・2
と言うような関係というか比較になって良いのだろうか!

私的には、障害程度区分1~2と要支援1・2~介護度1は同じ状態を示して内容ない気がします。(これ以外の区分でも同じかもしれません。) 
障害程度区分1~2の障がい者は、特に知的障がい者は、身体がいの有無以外に「判断能力」が不足している方もみえます。(要介護1以下では、車の運転出来る方もいます。)もっと日常の動作ばかりでなく動作に至る判断力や情緒面の調査、審査があって良いと思います。(障害程度区分1~2と要支援1・2~介護度1を比較した場合障害程度区分1~2の方の生活の困難さがかなり見える気がします。)

要介護1以下の方が・・・介護保険制度では利用が難しくなった分が自立支援法では利用可能というような現象もあるのでは?!

障害者自立支援法も介護保険制度の79項目を利用するなら物差しを要支援1・2~要介護5に変えていては如何でしょうか?

また、介護認定審査会の判定を受けいる方の障害程度区分審査会での二重審査のような事も特別な場合を除いては妥当性が無いような気がします。(両制度で部分的に同じスコアを用いているので)

そんな事を感じています。

« <介護福祉士>資格取得方法を厳格化 | トップページ | 久々に・・・シャラポワ!! »

社会福祉士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43853/10793534

この記事へのトラックバック一覧です: 「要介護度=障害程度区分」という関係は・・・?:

» 埼玉県のコミュニケーション支援事業のガイドラインに「無料」が。 [難聴者の生活]
枚方市の地域生活支援事業 ようやく一般質問も終わり、今日は休会日、明日が最終日の予定です。  今回の質問でも障害者自立支援法の問題を取り上げましたが、現在、枚方市では「地域生活支援事業」についての意見募集を行っています。私の予算委員会での質問に対する答弁で..... [続きを読む]

« <介護福祉士>資格取得方法を厳格化 | トップページ | 久々に・・・シャラポワ!! »

最近の記事と写真

Groovy写記

  • 02
    日々の思わず、「ニンマリ」(^2^)!微笑んでしまう! 写記をお届け!! 超個人的な写真です。

お薦めサイト

アフィリエイト

お調べします


  • IT用語検索
  • 生活のお悩み解決!
     


  • Google